スクラムの役割を学ぶ

認定スクラムプロダクトオーナー講座
について

スクラムについて学ぶ。
Scrum Alliance®︎ の認定スクラムトレーナーと共に認定スクラムプロダクトオーナーの取得を目指す。

-
image

プロダクトオーナーとは

費用対効果を分析するスペシャリスト

image

スクラム開発とは

スクラム開発とはアプリやソフトウェア開発で用いられる手法の1つで、 チームを組み役割やタスクを分散しながらゴールを目指す、チームワークが重要な開発手法です。

プロダクトオーナーとは

顧客のニーズとプロダクトの価値を誰よりも理解し、費用対効果を分析します。チームに指図してはいけません。プロダクトの価値を高めるために日々情報の整理や優先順位のブラッシュアップを行います。

2日間の短期集中学習トレーニング

Scrum Alliance®︎ の認定スクラムトレーナーのトレーニング、または研修やクラスを受けながら、2日間で認定試験に必要な知識を体系的に学びます。

コースの特徴

​認定資格の取得を目指せる

【認定スクラムプロダクトオーナー資格が取得できる】

「認定プロダクトオーナー(Certified Scrum Product Owner®️/CSM®️)」資格の取得を得ることができます。

【日本語で受講が可能】

専門の逐次通訳とサポートスタッフが受講をサポートしますので、安心して日本語で受講いただけます。

【ウェビナー形式でいつでも講師に質問できる】

スクラムでの困りごと、スクラムに関する疑問点をその場で講師に質問できます。​※逐次通訳がつきますので、日本語で受講いただけます。

【受講者同士で学んだスキルを実践】

受講中、受講者同士でチームを組んだりディスカッションをしながら、学んだスキルを確認します。ウェビナー内での活動はワークショップ形式で行われます。

image

​ Scrum Alliance®︎ の認定スクラムトレーナー

世界的に活躍するトレーナーがあなたのコーチに!

image

Joe Justice(ジョー・ジャスティス)

数多くの大手グローバル企業でアジャイルを指導し、世界20カ国以上で活動しています。グーグルや、アマゾン、マイクロソフト、ボーイング、テスラ、トヨタ自動車、NEC、KDDI等の各社にてアジャイルの実践指導経験を持っています。機械工学への情熱から車を製造するウィキスピードを米国で創立。2011年にはグローバルな自動車製造業者として、国際的なオートショーに出展しました。

ジョー自身もアジャイルを活用している経験から、スクラムのフレームワークを教えるだけでなく、ビジネスを成功させるためにアジャイルを活用するという視点でトレーニングを提供しています。

またTED.comのスピーカーでもあり、グーグル社やマイクロソフト社を代表する講義や、ハーバード大学や、オックスフォード大学、UCバークレー校等で特別講師を勤めた経験をもっています。これらの取り組みは、フォーブズ誌や、ハーバード・ビジネス・レビュー、ディスカバリーチャンネル、日経、朝日新聞などの幅広いメディアで取り上げられています。

認定スクラムプロダクトオーナー講座の詳細・申込

オンラインでお申し込みいただけます。

  1. コンテンツ
    ウェビナー
    ・認定スクラムプロダクトオーナー講座 (※1)

    ※1 Agile Business Institute社提供のコース
  2. 学習対象者
    スクラムについて学びたい方
    認定スクラムプロダクトオーナー(CSPO®)の取得を目指したい方

    ※ご参加には参加日程のお申込みが必要です

  3. 開催日
    日程についてはお申込みページをご確認ください。

    ​※先着順のため日程お申込み後に定員オーバーによりキャンセルとなる場合があります。
  4. お申込方法
    銀行振り込み のみ

    ※日程予約後に座席の確保が完了してからのお支払いとなります。
    ​※お申込みにはDX Academyのサイト会員登録が必要です。

DX Academy , Mendixに関わるご意見ご質問を受け付けています。

お問い合わせはこちら